ガールズバーのタブー

ガールズバーで楽しく遊ぶためには知っておいた方が良いことがあります。
ガールズバーで出来る事、出来ないことをまとめてみました。

恵比寿,ガールズバー

おさわり禁止

普通のショットバーで男性バーテンダーの手、握らないですよね?そういうことです。
いまどきキャバクラでもお触り禁止としているところがある中で、ガールズバーはOKなんてことがあるわけがありません。
女の子に触りたければそれ相応のお店に行き、ここではおしゃべりを楽しみましょう。

泥酔、絡み酒

ガールズバーは深夜も営業しているところが多いので、飲んだあと二軒目や三軒目で行くお客さんも多いと思います。となると、中には泥酔してたり絡んで来たりっていう困ったお客さんも。お酒が入ることで気が大きくなるのか、横柄な態度で暴言を吐いたり下品なことを言われたりすることもたまにあったんですが、危害を加えるような状態でなければ基本は適度にあしらってる女の子が多かったです。が、あまりにもひどいようだと男性スタッフのチェックが入るので注意しましょう。

下ネタ

基本的にノリの良い子は多いので下ネタにノッてくれる子もいるんですが、中には体験入店などで経験の浅い子が居る場合もあります。そういう子はあからさまに嫌な顔をすることもあるので、察して控えるようにしましょう。
たまにそうやって恥じらっている姿を喜んで更に助長させるお客さんもいるんですが、下品なのでやめましょう。

指名したい

お店によっては指名やリクエストができるところもあるようですが、カウンターバー形式のガールズバーでは基本的に指名はできず、女の子はローテーションで回ってくるようになっているお店が多いと思います。
「ガールズバー」と紹介されていてもお店のシステムは各店さまざまなので、そのお店での遊び方については酔う前にお店のスタッフや女の子にしっかり確認をしておきましょう。

隣に座って

ガールズバーでは基本的にカウンター越しの接客になります。隣に座ってほしくても、そういう形での接客ができないお店がほとんどなので、「隣に座ってくれたらドリンク出してあげる」みたいな誘い文句はやめておきましょう。
お店によっては座ってくれるところもありますが、それは違法営業か、ラウンジやキャバクラとして営業許可をとっているお店です。


ガールズバーにも男性スタッフ(いわゆる黒服)は必ずいます。NG客は目をつけられたり入店禁止になる可能性もあるので、女の子とは適度な距離感を持って楽しんでくださいね!